茶の品種の早晩性からみれば、摘採期の幅は7〜10日である。栽培されている90%は「やぶきた」である。
手で若い目を摘むので、古はや木茎の混入がなくて、品質がよいものがよい。折摘みが主流である。