茶葉をまとめて揉圧しながら混合し、粗揉のもみ不足を補うと同時に、茶葉各部分の水分をならす機械で、茶葉をまとめて入れて回転する容器、それを加圧することのできる「蓋」、加圧した茶葉を受ける揉盤、動力伝道、投入、排出の装置で構成している。